×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ジャイロキャノピー

三輪オタクのっぶーさんにリード90との2個1Engを依頼。さすが仕事が早い!しかしながら引き取るまでかなりの日数が掛かってしまった。場所取ってスミマセンでした。写真はケースの状態です。ブラストでピカピカに光ってます。

他社製のエキパイに肉厚の鉄管でオリジナルマフラーまで作成して頂きました。サイレンサー出口付近には何故かネジ山が切ってあります?

105ccのボアアップキットが組み込まれ、エキパイ部分は当然ワンオフ細部に渡り絶妙な取り回しで取り付けられてます。右の写真はケース装着。

車体にNewEngが積み込まれ、驚異の加速を手に入れる。しかし、振動に耐えきれずエキパイが裂けてしまいました。赤い部分は継ぎ目の液体ガスケットです。

エキパイ部の溶接部分を減らして新たに作成してもらいました。消音タイプと思ってましたが、結構音量は大きいです。よって、バンテージを巻き巻き作戦にしました。

借り物ですが、8inc8J D265 ジャイロ定番のセットですね。プチツーも何度か行きましたよ!

 平成15年の春にジャイロUPを手放してから約1年6ヶ月もうジャイロには乗ることがないと思っていたら極上キャノピーが手に入りました。
なぜまたジャイロに乗ろうと思ったかと言うと、溶接機が手に入ったからです。
 100Vアークは持っていたのですが出番が少なく、やはり素人では、難しく仕上がりにも美しく出来ませんでした。今回は200V半自動式でガス仕様です。強力な助っ人です。
 これにより、以前から念願であったキャノピーリムジンが作れるからです。
軽二輪登録に関しては問題はないので、後は自己責任でリムジンに際してのフレームの強化です。
平成16年11月に手に入れ早速デッキ仕様を純正ワゴンに取り替えミニカー登録しました。
 現在ミニカー登録の抹消状態です。
 ベース車両は高年式で走行4000kmの極上車です。フロントカバーに一部欠損ありますが、スクリーン&ルーフはとても綺麗です。特にEngはとても軽やかで速いです。OILも補充した際の垂れた形跡が無いためジャイロ特有のOILでシート下フレームがコテコテ状態になってません。うれしい!
右下の写真はリムジンベースフレーム(えのもっちゃん自宅まで配達アリガトー)です。

リムジンに続く!